[テニス]ウィンブルドンの女子シングルスは21歳のペトラ・クビトバが初優勝。

ウィンブルドンテニスの女子シングルス決勝は、21歳のペトラ・クビトバが危なげない勝利で、四大大会初優勝を飾る。

第8シードから決勝の舞台にまで上がったクビトバ。

第5シードの元女王マリア・シャラポワと決勝で対戦し、6-3、6-4のストレートで下し、見事に四大大会初Vを飾りました。

1メートル83センチの長身のクビトバが随所に見せたのがサービスエース。

サーブで圧倒し、サービスゲームをことごとくキープ。

第2セットはお互いにブレイクを繰り返す試合展開になるも、力強いショットで徐々に流れを自分に持ってくると、そのまま最後はサービスエースで快勝。

今後の活躍が期待できる21歳の新女王に注目ですね。

[テニス]ウィンブルドン男子で、ロジャー・フェデラーが準々決勝で敗退。

開催中のテニスのウィンブルドン。

男子シングルス準々決勝で波乱が。

元・芝の王者であるロジャー・フェデラーが、2セット先取からの屈辱的な逆転負け。

49度目の四大大会で味わうこの屈辱にフェデラーは顔をこわばらせていました。

四大大会で最多16度の優勝を誇るフェデラーも、さすがに力の衰えは隠せな印象。

個人的には、ナダル一強よりは、ライバルとしてフェデラーと競って欲しいと思っています。

芝の元王者の復活に期待したいです。

[テニス]錦織圭が松岡修造の持つ日本男子最高順位「46位」に並ぶ。

テニスの錦織圭が、5月2日付の世界ランキングで、松岡修造が持つ日本男子最高順位と並ぶ「46位」にランクイン。

松岡修造が46位に入ったのは、1992年7月。

ようやく日本男子テニス界の壁が破られる時が来ているのかもしれません。

錦織は、直近の4月に全米クレーコート選手権で準優勝。

今後も、好調を維持して欲しいです。

ちなみに、女子テニスだと、伊達公子が95年11月に4位に入ったのが最高順位。

« 1  2  3

ABOUT

[スポネタ新聞]

スポーツネタをマジメにオモシロくコラムにして書き綴っている新聞風ブログ【スポネタ新聞】です。

サッカー、フットサルを中心にスポーツ全般のニュース・ネタを楽しく毎日発信しています。

ツイッターもやっていますので、こちらもよろしくお願いします!

RECENT

CATEGORIES

ARCHIVE

あわせて読みたい

SEARCH

スポネタ新聞サイト内検索

主要スポーツ紙検索

OTHERS

  • フリーダムスター「ドアラ」ホームユニフォーム 立ちver.
  • UEFAチャンピオンズリーグ サッカー マグカップ
  • バファローベル公式フォトブック ベルがいっぱい
  • 楽天イーグルス・ワンピース モンキー・D・ルフィ