テニスの錦織圭が、5月2日付の世界ランキングで、松岡修造が持つ日本男子最高順位と並ぶ「46位」にランクイン。

松岡修造が46位に入ったのは、1992年7月。

ようやく日本男子テニス界の壁が破られる時が来ているのかもしれません。

錦織は、直近の4月に全米クレーコート選手権で準優勝。

今後も、好調を維持して欲しいです。

ちなみに、女子テニスだと、伊達公子が95年11月に4位に入ったのが最高順位。