[F1]フジテレビの「F1中継」、無料放送は『地上波』から『BS』へ。

撤退も噂されていたフジテレビが関わる「F1」のテレビ中継。

2011年11月の段階では、F1を統括する「フォーミュラ・ワン・マネージメント(FOM)」とのテレビ放映権を延長してなかったフジテレビ。(参照: フジテレビがまだ来期以降の「フォーミュラ・ワン・マネージメント」との契約を交わしていない件。

2012年1月19日のフジテレビの発表によると、F1シリーズのテレビ放映権契約を2012年と2013年の2年間で契約延長した模様。

ただし、"地上波"での放送は、『終了』の判断がくだされました。

代わりに"BS放送"を新規に開始するようです。

まとめると下記。

地上波
2011年: 主に深夜帯に予選と決勝を録画放送
2012年: 終了
BS放送
2011年: なし
2012年: 予選と決勝の録画放送開始
CS放送
2011年: フリー走行・予選・決勝を生中継
2012年: 変更なし

マイナースポーツにとっての地上波の存在ってデカイから、これでますますF1人気低下するやろなぁ。

浅田真央エッセー本、ポプラ社の『ママ、ほんとうにありがとう』のコピーで発売中止へ。

2012年1月12日、出版社のポプラ社が、2月8日に発売を予定していた浅田真央の著書「大丈夫、きっと明日はできる」の発売中止を発表しました。

昨年末、母の死を乗り越えての「全日本選手権」優勝を達成した浅田真央の初のエッセー本。

発売前から話題で、すでに10万部を超える予約が入っていたんだとか。

そんな中での発売中止、内容を見ていきましょう。

浅田真央・ポプラ社の発表

1月12日に発表された内容を確認しましょう。

浅田真央『本の宣伝、告知について、私の思いと異なるもので進められた』

浅田真央が、姉・浅田舞と共同運営している公式サイト上に発売中止になった理由が掲載されています。

本の宣伝、告知について、私の思いと異なるもので進められました

ポプラ社『一部宣伝方法に著者ご本人の意にそぐわない部分がございました』

発売を予定していた出版社であるポプラ社も自社サイトにて、浅田真央本の発売中止を発表。

<お詫び>『大丈夫、きっと明日はできる』を発売中止にさせていただきます | ポプラ社

一部宣伝方法に著者ご本人の意にそぐわない部分がございましたので、誠に勝手ながら発売を中止させていただきたいと思います。

ふむ、問題点は「宣伝方法」とな。

浅田真央エッセー本の肝心の販促ポスター

今回の浅田真央初のエッセー本「大丈夫、きっと明日はできる」の販促ポスターを見てみましょう。

浅田真央エッセー本「大丈夫、きっと明日はできる」宣伝ポスター

これは本の帯が酷いな...

ママ、ほんとうにありがとう。何度、ありがとうと言っても足りません。

2011年12月9日に亡くなった母親の匡子さんを使った商売はアカンですよ、ポプラ社さん。

「大丈夫、きっと明日はできる」の実際の中身は?

「大丈夫、きっと明日はできる」の実際の中身、目次を見てみます。

浅田真央著「大丈夫、きっと明日はできる」説明文

本の説明文はというと。

バンクーバーの涙からまる2年。あの悔し涙から浅田真央はどのように成長したのか?数々の世界大会、オリンピックを経験したからこそ得ることができた、プレッシャーの克服、家族の絆、マスコミ・コーチ・仲間との接し方、精神力の鍛え方、母親への感謝などを中心に語りおろす。「受け入れて乗り越える」「後ろ向きな言葉は使わない」を実践する自己啓発書としても必読の書。

浅田真央著「大丈夫、きっと明日はできる」目次

第1章 - 自分の心に嘘をつかない
憧れの存在を見つける
好きなことを、好きなだけ
好きを極める
第2章 - 頑張り続ける理由
悔しいから頑張れた
自分より上の人を目標にする
仲間を見つけて楽しむ、喜んでもらいたい人が見つかると、人は強くなれる
悔しい気持ちをバネにする
みんなの笑顔で元気になれる、精一杯楽しむ
第3章 - 日々の生活において大切なこと
後ろ向きな言葉は使わない
長所を伸ばす
自分という軸を持つ
環境を言い訳にしない
第4章 - 目標設定について
一年の目標を持つ、ひと試合ごとに目標を立てる
毎日のサイクルをつくる
毎日の目標をもつ
休まない
よく食べ、よく眠り、よく忘れる
一日の終わりは、必ず気持ちよく締める
第5章 - オリンピックイヤーから学んだこと
努力を記録する
昨日の自分は、決して今日の自分を裏切らない
練習は嘘をつかない
いま、やるべきことに集中する、「いつもどおり」を通す無心の境地
がんばれば絶対できる
やるっきゃない
自分らしくがんばれば、それでいい
日進月歩
変わる勇気をもつ
大丈夫、きっと明日はできる!
母への感謝

内容は完全にサッカー長谷部誠の「心を整える。」に似たような自己啓発本的な感じですね。

母親については、"あとがき"だけやないかw

これはポプラ社さん、大失態。

飲み過ぎると本当にあの世への翼が生える「レッドブル」。

F1チームも保有しているオーストリアの飲料メーカー「Red Bull(レッドブル)」。

もちろん、主力商品は、「Red Bull」なわけですが、飲み過ぎて40歳の男性が心臓発作で亡くなったようです。

レッドブル エナジードリンク ミニ缶
レッドブル エナジードリンク ミニ缶

病理学者のイアン・ロバーツ博士は下記のように、心臓発作に陥ったこの男性の死因を分析。

Red Bullの飲み過ぎが心臓に負担をかけたのではないか?

その中でも、特に「カフェイン」の影響。

Red Bullは栄養ドリンクですが、コーヒー1杯と同量のカフェインが入っていて、血圧や心臓に影響するとのことです。

ただ、日本で売られているレッドブルは外国のモノに比べて成分が違い、内容も弱い感じがするので、正直、滋養強壮にはリポDとかのほうがいいと思いますけどね。

[野球]オリックス・バファローズの萌えマスコット「バファローベル」は実物とグッズのギャップが酷い。

2011年、プロ野球界で『飛躍』したものといえば、ある意味1位は「バファローベル」かもしれません。

新人として、可もなく不可もなくな微妙チームである「オリックス・バファローズ」に対して、貪欲に話題を振りまいた活躍は高い評価を与えられるでしょう。

という前置きは置いておいて、"カワイイ"ということで、一気にスターダムにのし上がったマスコットキャラ「バファローベル」。

ただ、実物とは裏腹に公式グッズはある種の"狂気"が見受けられるクオリティ。

今回は、バファローベルの実物とグッズのギャップを見て行きましょう。

ネックウォーマーなどの防寒姿もカワイイ、実物の「バファローベル」

ネックウォーマーを装着した冬服姿のバファローベル。

  • ポーズを取る「バファローベル(防寒着)」
  • 手を振る「バファローベル(防寒着)」

ピンクの防寒着がかわええ。

何かに取り憑かれた感のある公式グッズの「バファローベル」の表情

おそらく、ここまで人気が出ると思ってたなかったんだと思いますが、2011年の公式グッズの出来栄えがひどいw

オリックス・バファローズ2011年グッズ「バファローベル・ぬいぐるみ」
バファローベルの2011年仕様「ぬいぐるみ」
オリックス・バファローズ2011年グッズ「バファローベル・ぬいぐるみキーホルダー」
バファローベルの2011年仕様「ぬいぐるみキーホルダー」
オリックス・バファローズ2011年グッズ「バファローベル・キーチェーン」
バファローベルの2011年仕様「キーチェーン」
オリックス・バファローズ2011年グッズ「バファローベル・ワッペン」
バファローベルの2011年仕様「ワッペン」

これは目がイッてますがなw

2012年シーズンはがっつりと予算組んで気合入れて作ってくるのかな??

[マーケティング]キン肉マン親子とテリーマン親子を使った「スカルプD」の販促。

『頭皮の環境を整えることが、健康な髪を育てる』というコンセプトのもと開発・販売されている男性用シャンプー「スカルプD」。

そんなシャンプー「スカルプD」とあの人気アニメ「キン肉マン」による夢のコラボが実現したんだとか。

"マスクマン"レスラーであるキン肉マンでさえもフサフサになれる「スカルプD」

なんと原作者である「ゆでたまご」先生が新たにイラストを書き下ろしたんだとか。

スカルプDを使った頭フサフサの「キン肉マン」親子

フサフサなキン肉マン親子。

  • 髪がフサフサの「キン肉スグル」
  • 髪がフサフサの「キン肉万太郎」

キン肉スグル、完全にズラやんww

息子のキン肉万太郎も、エクステかいw

あと、一応この親子はマスクマンだから、マスクの上から髪の毛生えるというのは...

引き立て役として犠牲となった「テリーマン」親子

そして、髪の毛フサフサの比較対象として、禿げの役を仰せつかったのが「テリーマン」親子。

父親であるテリーマンはまだいいとして、息子のテリー・ザ・キッドまでもが禿とは...

  • ハゲ気味の「テリーマン」
  • ハゲ気味の「テリー・ザ・キッド」

これはひどいw

あまりにも豪快に禿げすぎて、ここまでくるとテリーマン親子は育毛剤では回復できないってアピールしてるような気も。

本来のテリーマン親子の図

一応、髪の毛フサフサな本来のテリーマン親子も、彼らの名誉のために並べておきます。

  • 本来の髪の毛をした「テリーマン」
  • 本来の髪の毛をした「テリー・ザ・キッド」

息子のキッドの方、フッサフサやんかw

なんだかこれだったら、ハゲ気味のリアルなプロレスラー使ったほうがよかったかもね。

« 1  2  3  4  5  6  7  8  9

ABOUT

[スポネタ新聞]

スポーツネタをマジメにオモシロくコラムにして書き綴っている新聞風ブログ【スポネタ新聞】です。

サッカー、フットサルを中心にスポーツ全般のニュース・ネタを楽しく毎日発信しています。

ツイッターもやっていますので、こちらもよろしくお願いします!

RECENT

CATEGORIES

ARCHIVE

あわせて読みたい

SEARCH

スポネタ新聞サイト内検索

主要スポーツ紙検索

OTHERS

  • フリーダムスター「ドアラ」ホームユニフォーム 立ちver.
  • UEFAチャンピオンズリーグ サッカー マグカップ
  • バファローベル公式フォトブック ベルがいっぱい
  • 楽天イーグルス・ワンピース モンキー・D・ルフィ