これはすごい。

片腕というハンデを乗り越えて戦う、隻腕の総合格闘技(MMA)ファイターであるニック・ニューウェル(Nick "Notorious" Newell)選手が無傷の6連勝を飾っているようです。

ニック・ニューウェル選手のファイティングポーズ。

隻腕のMMAファイター「ニック・ニューウェル」

隻腕ファイターの戦いぶり

試合映像を見てみましたが、メリット・デメリットがやっぱりありそう。

隻腕であることが「有利」に働く部分

簡単に列挙してみます。

  • 相手の関節技を食らわない
  • 回転の良いパウンドを打てる
  • 微妙にフック部分が使える
  • 拳で殴るような感覚で肘打ち的な打撃が可能

隻腕であることが「不利」に働く部分

もちろん、相手の出方によってはこのハンデキャップが文字通り「マイナス」になる面も。

  • 相手の右フックをガードできない
  • 左から入られるとクラッチが弱そう
  • しっかりと掴めない

まぁ、いずれにせよ、障害を乗り越えてのファイターのこの強さには感動モノです。