芸人・猫ひろしさんがカンボジア国籍を取得し、同国マラソン代表を目指していることは以前当ブログでも取り上げましたが、この件をワタミの渡邉美樹さんがtwitterなどでディスっていました。

渡邉美樹さんの該当ツイート。

猫ひろしさんのカンボジア国籍取得 納得いきません。オリンピックは、国際親善にこそ、その目的があり他の国の出場権を得て何になるのか 恥ずかしい

http://twitter.com/watanabe_miki/status/134130095022542848

渡邉美樹さんの論旨をまとめるとこんな感じでしょうか。

  1. そもそも"オリンピック"は国際交流の場である。
  2. したがって、その国で生まれた人がその国の代表になるのが本来の筋である。
  3. それを自身の種目の競技力が弱い国を定め、国籍を取得し代表権を得るのはその国の違う選手の枠を奪うことでよくない。

まぁ、ごもっとも。

渡邉美樹さんは猫ひろしの努力を否定しているわけではなさそうです。

ご自身のブログでツイートの補足をしています。

渡邉美樹.net - 猫ひろしさん、カンボジアの国籍取得で思うこと

わたしも彼の努力は否定しない。夢に向かって挑戦する姿はすばらしいと思う。しかし、夢を実現するための方策がこれでいいのだろうか。強く疑問に感じる。

猫ひろしはそもそもカンボジア政府から推薦状をもらっての国籍取得の流れなはず。

それを考えると、カンボジア人以外の外野がどうこういう問題じゃないかな。

ちなみに、猫ひろしの本名は「滝崎邦明」。