カオスすぎる失格劇。

イギリス北部のノーサンバーランドで9日に行われたマラソンレースで3位に入った男性ランナーがメダルを剥奪されました。

この男性ランナー、31歳のロブ・スローンさん、32キロを過ぎた地点で、なんと観客用のバスに乗り、その後、悠然とコースの最終部分で復帰し走りきり、結果的に自己ベストのタイムでゴール。

ロサンゼルス五輪銀メダリストで、この大会にディレクターとして関わっていたスティーブ・クラムさんのコメントがすごいw

彼は最後の8マイルで五輪選手になったか、ゴールするために何か他の手段を使ったのだろう

というか、バスに乗ってまでして、優勝出来なかったというオチww