[競馬]2011年の有馬記念、有力馬のここまでの流れと展望。

中央競馬の総決算。

今年も『有馬記念が来る』ということで、盛り上がってきた有馬記念ウィーク。

ここでは、2011年の有馬記念の展望を見て行きましょう。

ファン投票1位は引退レースとなる「ブエナビスタ」

秋天は後手後手で位置取りが悪かった分、直線で競馬ができずに4着止まりの競馬だったブエナビスタ。(参考: 2011年、秋の天皇賞は鬼のようなレコード「1分56秒1」でトーセンジョーダンがV。

そして、雪辱を期したジャパンカップ。

今度は秋天と違い、岩田康誠の見事なエスコートで、直線鋭く伸び切り完勝のG1制覇。

岩田騎手の男泣きも良かったです。(参考: 「世界一vs世界一」というコピーも踊った2011年のジャパンカップ。

見事、有終の美を飾ることができるか??

三冠馬として堂々の登場「オルフェーヴル」

ディープインパクト以来となる三冠馬誕生となった2011年のクラシックロード。

3歳馬の主役は当然この馬「オルフェーヴル」。

震災の影響もあった今年の中央競馬。

春二冠達成後、秋にはより強くなった印象さえあります。

そして、菊花賞も横綱相撲の強さでもはや3歳に敵なしでした。(参考: 2011年菊花賞は、オルフェーヴルが見事制し三冠達成。

震災直後の遠くドバイで日本に勇気を与えた「ヴィクトワールピサ」

そして、2011年の社会的出来事といえばやはり「東日本大震災」。

その「東日本大震災」直後、日本から遠く「ドバイ」の地で日本に勇気と希望を届けたこの馬も忘れちゃいけません。

そう、日本馬として史上初めてドバイワールドカップに優勝したヴィクトワールピサ。

前走のJCは大敗でしたが、なんといっても2010年の有馬記念勝ち馬です。

熟練の腕を持つベテランジョッキーも参戦

馬以外の騎手の話で行くとやはりこの2人。

  • 安藤勝己
  • 武豊

横山典弘騎手の代打で再びアンカツの手に戻ってきた「ペルーサ」

有馬に出走するペルーサは本来、横山典弘騎手の騎乗馬でしたが、17日のレースで横ノリが騎乗停止となったため、過去にペルーサへの騎乗経験がある安藤勝己が手綱を取ることに。

アンカツマジック炸裂するか?!

記録が途切れるか瀬戸際の武豊も参戦

もはや競馬界におけるオワコンの代名詞ともなりつつある「武豊」。

当初は有馬記念には騎乗予定がなく、自身が持つ『23年連続JRA・G1制覇』の記録が途切れることがほぼ確定でしたが、アンカツがペルーサに乗ることで、今度はアンカツが当初乗る予定だったレッドデイヴィスが空き、そこに武豊が飛び込む形での参戦。

この状況に武豊もテンションが上がる。

有馬記念は騎手なら誰でも乗りたい舞台。今年は乗る馬がないと思っていたので、ありがたいですね

ここで武豊が有馬勝つと完全に"持ってるオトコ"確定です。

AKB48が「有馬記念プレミアムレセプション」に登場

2011年12月19日に開かれた「有馬記念プレミアムレセプション」。

ここで、AKB48が登場。

当日の1番人気、2番人気になるであろう馬に乗るジョッキーとの写真です。

  • AKB48前田敦子と岩田康誠騎手
  • AKB48篠田麻里子と大島優子、池添謙一騎手

池添謙一、まったくやる気なしw

池添謙一の心の声『うわー、AKB48って、やっぱブサイクやわー』って感じかw

[恋愛]JRA騎手の三浦皇成とタレントのほしのあきが挙式。

2011年12月19日、この日が22歳の誕生日となった中央競馬のジョッキー三浦皇成とタレントの34歳ほしのあきが都内のホテルで挙式しました。

幸せいっぱいの「ほしのあき」のウェディングドレス姿

2人は9月25日に、歳の差「13歳」で入籍。

12月現在、ほしのあきは妊娠5ヶ月。

末永くお幸せに。

三浦皇成とほしのあき、入籍報告&挙式報告をブログで確認しましょう

それぞれのブログをまとめておきましょう。

2011年9月25日の入籍報告

まずは二人のブログ上での入籍報告から。

2011年12月19日の挙式報告

結婚式のブログ上の報告。

三浦皇成騎手の方は10月末からブログ更新されていないので、結婚披露宴についてもアップされてないですね。

新婦となるほしのあきのブログ記事は下記。

写真自慢、多すぎるわw

っていうか、三浦皇成がもはや本業で輝いてない気が...

[競馬]第63回 朝日杯フューチュリティステークス(GI)の結果。

2011年の2歳王者決定戦「朝日杯フューチュリティステークス」を見て行きましょう。

第63回 朝日杯フューチュリティステークス(GI) 枠順

2011年の朝日杯フューチュリティステークスの枠順です。

  1. 1枠1番 サドンストーム(牡2)55.0 勝浦正樹
  2. 1枠2番 ローレルブレット(牡2)55.0 池添謙一
  3. 2枠3番 アルフレード(牡2)55.0 C.ウィリアムズ
  4. 2枠4番 マイネルロブスト(牡2)55.0 蛯名正義
  5. 3枠5番 ネオヴァンクル(牡2)55.0 浜中俊
  6. 3枠6番 スノードン(牡2)55.0 北村友一
  7. 4枠7番 クラレント(牡2)55.0 小牧太
  8. 4枠8番 ショウナンラムジ(牡2)55.0 岩田康誠
  9. 5枠9番 ニンジャ(牡2)55.0 藤岡佑介
  10. 5枠10番 ジョウノバッカス(牡2)55.0 戸崎圭太
  11. 6枠11番 マコトリヴァーサル(牡2)55.0 I.メンディザバル
  12. 6枠12番 トウケイヘイロー(牡2)55.0 後藤浩輝
  13. 7枠13番 ハクサンムーン(牡2)55.0 田中勝春
  14. 7枠14番 ヒシワイルド(牡2)55.0 C.ルメール
  15. 8枠15番 レオアクティブ(牡2)55.0 横山典弘
  16. 8枠16番 ダローネガ(牡2)55.0 佐藤哲三

1戦1勝馬としてはハクサンムーンが出走しています。

第63回 朝日杯フューチュリティステークス(GI) スポネタ新聞予想

前走の京王杯2歳ステークスで2着だったサドンストームを本命にしていました。

1番人気は2戦2勝のアルフレードでした。

2011年の朝日杯FSの結果

2011年の2歳王者は「アルフレード」。

クレイグ・ウィリアムズ騎手の手綱さばきもお見事でした。

ちなみに、武豊ジョッキーの騎乗はこのレースではありませんでした。

[競馬]2011年の2歳女王決定戦「第63回 阪神ジュベナイルフィリーズ」振り返り。

またまた1週間前のレースの更新ですが...一応。

2011年の「阪神ジュベナイルフィリーズ」です。

第63回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) 枠順

2011年の阪神ジュベナイルフィリーズの枠順です。

  1. 1枠1番 アンチュラス(牝2)54.0 川田将雅
  2. 1枠2番 エイシンキンチェム(牝2)54.0 和田竜二
  3. 2枠3番 アラフネ(牝2)54.0 吉田隼人
  4. 2枠4番 マイネボヌール(牝2)54.0 酒井学
  5. 3枠5番 ファインチョイス(牝2)54.0 岩田康誠
  6. 3枠6番 スイートスズラン(牝2)54.0 川島信二
  7. 4枠7番 レディーメグネイト(牝2)54.0 飯田祐史
  8. 4枠8番 イチオクノホシ(牝2)54.0 M.デムーロ
  9. 5枠9番 ナオミノユメ(牝2)54.0 北村友一
  10. 5枠10番 アナスタシアブルー(牝2)54.0 藤岡康太
  11. 6枠11番 アイムユアーズ(牝2)54.0 I.メンディザバル
  12. 6枠12番 ラシンティランテ(牝2)54.0 藤岡佑介
  13. 7枠13番 ジョワドヴィーヴル(牝2)54.0 福永祐一
  14. 7枠14番 プレノタート(牝2)54.0 佐藤哲三
  15. 7枠15番 トーセンベニザクラ(牝2)54.0 藤田伸二
  16. 8枠16番 エピセアローム(牝2)54.0 浜中俊
  17. 8枠17番 ガーネットチャーム(牝2)54.0 北村宏司
  18. 8枠18番 サウンドオブハート(牝2)54.0 武豊

第63回 阪神ジュベナイルフィリーズ(GI) スポネタ新聞予想

スポネタ新聞の阪神JFの予想は下記でした。

本命「ジョワドヴィーヴル」。

2011年阪神ジュベナイルフィリーズの結果

今年の2歳女王決定戦の結果は下記。

  1. ジョワドヴィーヴル
  2. アイムユアーズ
  3. サウンドオブハート

武豊、24年連続JRA・G1制覇は阪神JFで達成ならず

武豊、今年最大のチャンスを逃す。

24年連続という偉業への最大のチャンスだった阪神JF。

1番人気に支持されたサウンドオブハート騎乗でしたが道中かかり気味となり最後失速の3着止まり。

今年の残りG1はあと2つ。

偉業達成なるかどうか。

[競馬]2011年のジャパンカップダート(ただし外国馬ゼロ)を振り返る。

1週間前になりますが、一応記事アップ。

2011年のジャパンカップダートです。

第12回 ジャパンカップダート(GI) 枠順

2011年のジャパンカップダートの枠順です。

  1. 1枠1番 マカニビスティー(牡4)57.0 藤岡佑介
  2. 1枠2番 ソリタリーキング(牡4)57.0 I.メンディザバル
  3. 2枠3番 エイシンダッシュ(牡5)57.0 小牧太
  4. 2枠4番 ラヴェリータ(牝5) 55.0 武豊
  5. 3枠5番 テスタマッタ(牡5)57.0 四位洋文
  6. 3枠6番 エスポワールシチー(牡6)57.0 佐藤哲三
  7. 4枠7番 ダイショウジェット(牡8)57.0 柴山雄一
  8. 4枠8番 バーディバーディ(牡4)57.0 B.プレブル
  9. 5枠9番 ワンダーアキュート(牡5)57.0 和田竜二
  10. 5枠10番 フリソ(牡5)57.0 C.ルメール
  11. 6枠11番 ミラクルレジェンド(牝4)55.0 岩田康誠
  12. 6枠12番 ニホンピロアワーズ(牡4)57.0 酒井学
  13. 7枠13番 ダノンカモン(牡5)57.0 福永祐一
  14. 7枠14番 ヤマニンキングリー(牡6)57.0 M.デムーロ
  15. 8枠15番 トウショウフリーク(牡4)57.0 池添謙一
  16. 8枠16番 トランセンド(牡5)57.0 藤田伸二

「国際G1」の冠が泣いてしまうような『外国馬ゼロ』となった今年のメンバー。

ただ、今年のドバイワールドカップ2着馬であるトランセンドや復調の兆し見られるエスポワールシチーが出てるだけで十分の面子。

第12回 ジャパンカップダート(GI) スポネタ新聞予想

さすがにこれは見て楽しむレースということで、2強決着の予想で。

  1. 本命: トランセンド
  2. 対抗: エスポワールシチー

2011年ジャパンカップダート結果

1コーナーに目掛けて迷うことなく逃げた「トランセンド」が見事横綱相撲の逃げ切りV。

2着争いは、エスポワールシチーが最後ワンダーアキュートに交わされて三着止まり。

  1. トランセンド
  2. ワンダーアキュート
  3. エスポワールシチー

トランセンドには、2012年のドバイワールドカップでリベンジを果たして欲しいところです。

« 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

ABOUT

[スポネタ新聞]

スポーツネタをマジメにオモシロくコラムにして書き綴っている新聞風ブログ【スポネタ新聞】です。

サッカー、フットサルを中心にスポーツ全般のニュース・ネタを楽しく毎日発信しています。

ツイッターもやっていますので、こちらもよろしくお願いします!

RECENT

CATEGORIES

ARCHIVE

あわせて読みたい

SEARCH

スポネタ新聞サイト内検索

主要スポーツ紙検索

OTHERS

  • フリーダムスター「ドアラ」ホームユニフォーム 立ちver.
  • UEFAチャンピオンズリーグ サッカー マグカップ
  • バファローベル公式フォトブック ベルがいっぱい
  • 楽天イーグルス・ワンピース モンキー・D・ルフィ