この記事を書いてるのが「ジャパンカップダート」の日という遅れ具合ですが...、とりあえず書いておきます。

2011年のジャパンカップ。

今年は目玉の外国馬も来日し盛り上がりました。

第31回 ジャパンカップ(GI) 枠順

2011年のジャパンカップの枠順です。

  1. 1枠1番 ジャガーメイル(牡7)57.0 四位洋文
  2. 1枠2番 ブエナビスタ(牝5)55.0 岩田康誠
  3. 2枠3番 ローズキングダム(牡4)57.0 I.メンディザバル
  4. 2枠4番 オウケンブルースリ(牡6) 57.0 蛯名正義
  5. 3枠5番 トレイルブレイザー(牡4)57.0 武豊
  6. 3枠6番 トゥザグローリー(牡4)57.0 福永祐一
  7. 4枠7番 ペルーサ(牡4)57.0 横山典弘
  8. 4枠8番 ヴィクトワールピサ(牡4)57.0 M.デムーロ
  9. 5枠9番 サラリンクス(牝4)55.0 C.スミヨン
  10. 5枠10番 キングトップガン(牡8)57.0 戸崎圭太
  11. 6枠11番 ミッションアプルーヴド(牡7)57.0 J.エスピノーザ
  12. 6枠12番 ウインバリアシオン(牡3)55.0 安藤勝己
  13. 7枠13番 デインドリーム(牝3)53.0 A.シュタルケ
  14. 7枠14番 シャレータ(牝3)53.0 C.ルメール
  15. 8枠15番 エイシンフラッシュ(牡4)57.0 池添謙一
  16. 8枠16番 トーセンジョーダン(牡5)57.0 C.ウィリアムズ

同年の凱旋門賞馬デインドリームが出走

JCにひさびさの大物外国馬登場。

そう、2011年の凱旋門賞を勝った馬「デインドリーム」が、同じ年のジャパンカップに出てくれました。

さらには、今年のドバイワールドカップを制したヴィクトワールピサも登場でかなりのメンバーが揃いましたね。

第31回 ジャパンカップ(GI) スポネタ新聞予想

今年の三冠馬「オルフェーヴル」と真っ向勝負をしてきた三歳馬「ウインバリアシオン」を推しました。

ウインバリアシオンがこの世界の舞台でどこまでやれるかが、オルフェーヴルの今後を占うという意味でも本命にした理由ですね。

ブエナビスタが見事ジャパンカップ制覇

結果は、ブエナビスタが、凱旋門賞馬・ドバイワールドカップ馬を破り、見事ジャパンカップ制覇。

岩田康誠騎手の男泣きも震えましたね~。

2011年ジャパンカップ着順

結果は下記。

  1. ブエナビスタ
  2. トーセンジョーダン
  3. ジャガーメイル

ブエナビスタは、有馬記念がラストランのようです。