2012年4月29日、京都競馬場で行われた「第145回天皇賞春」。

1番人気は当然、昨年の三冠馬、そして前走の阪神大賞典を逸走したスーパーホース「オルフェーヴル」。

『さすがに今回は勝つやろ』という競馬ファンの期待をあっさりと裏切り、余裕の大惨敗w

連や掲示板どころか、なんとなんとの二桁着順の「11着」。

そんなオルフェーヴルを前日、安田美沙子画伯が描いていたという...

これから六連チャン。|安田美沙子オフィシャルブログ「MICHAEL(ミチャエル)」 Powered by アメブロ

15:00~16:00 KBS京都「うまDOKI」(生)

そして、安田美沙子が「うまDOKI」の番組内で描いたオルフェーヴルがこちら。

安田美沙子画「オルフェーヴル」

こ、これは落書き??

なにはともあれ、この安田美沙子「オルフェーヴル」イラストの翌日の春天・惨敗のオチは、デスブログ「東原亜希」を彷彿とさせる...

今後の安田美沙子に注目やで。