2011年秋の古馬戦線もいよいよ盛り上がって来ました。

ということで、天皇賞・秋です。

第144回 天皇賞(秋)(GI) 枠順

2011年の天皇賞(秋)の枠順です。

  1. 1枠1番 シルポート(牡6)58.0 蛯名正義
  2. 1枠2番 ダノンヨーヨー(牡5)58.0 後藤浩輝
  3. 2枠3番 アクシオン(牡8)58.0 柴田善臣
  4. 2枠4番 エイシンフラッシュ(牡4) 58.0 C.ルメール
  5. 3枠5番 ブエナビスタ(牝5)56.0 岩田康誠
  6. 3枠6番 ビッグウィーク(牡4)58.0 川田将雅
  7. 4枠7番 ダークシャドウ(牡4)58.0 F.ベリー
  8. 4枠8番 ペルーサ(牡4)58.0 横山典弘
  9. 5枠9番 ジャガーメイル(牡7)58.0 四位洋文
  10. 5枠10番 メイショウベルーガ(牝6)56.0 池添謙一
  11. 6枠11番 ローズキングダム(牡4)58.0 I.メンディザバル
  12. 6枠12番 トーセンジョーダン(牡5)58.0 N.ピンナ
  13. 7枠13番 ミッキードリーム(牡4)58.0 和田竜二
  14. 7枠14番 シャドウゲイト(牡9)58.0 田中勝春
  15. 7枠15番 シンゲン(牡8)58.0 田辺裕信
  16. 8枠16番 ナリタクリスタル(牡5)58.0 武豊
  17. 8枠17番 トゥザグローリー(牡4)58.0 福永祐一
  18. 8枠18番 アーネストリー(牡6)58.0 佐藤哲三

G1馬がズラリと並んだ豪華メンバー。

第144回 天皇賞(秋)(GI) スポネタ新聞予想

パドックを見ての予想。

1番人気だったブエナビスタはパドックでの状態が微妙だったため消しました。

で、本命は、ルメール騎乗のエイシンフラッシュで。

7番人気トーセンジョーダンが驚愕のレコードで見事優勝

かなりのハイペースで進むレースの中、最後伸びきったのが7番人気トーセンジョーダン。

外人ジョッキーの1人であるピンナ騎手が騎乗するトーセンジョーダンは、最後の直線でゴールまで一直線に伸びきり、見事G1勝利。

最後は、ダークシャドウとの追い比べでしたが、勝負根性を引き出しての優勝でした。

そして、勝ち時計は2008年のウオッカのコースレコードを1秒1更新する驚異のタイム「1分56秒1」。

古馬王道路線は、残り2つ。

ジャパンカップ、有馬記念には、トーセンジョーダンとダークシャドウが出てくるかどうか。

古馬戦線、楽しみになりましたね。

ちなみに、岩田康誠騎乗のブエナビスタは馬券に絡まない4着止まり。