1週間前になりますが、一応記事アップ。

2011年のジャパンカップダートです。

第12回 ジャパンカップダート(GI) 枠順

2011年のジャパンカップダートの枠順です。

  1. 1枠1番 マカニビスティー(牡4)57.0 藤岡佑介
  2. 1枠2番 ソリタリーキング(牡4)57.0 I.メンディザバル
  3. 2枠3番 エイシンダッシュ(牡5)57.0 小牧太
  4. 2枠4番 ラヴェリータ(牝5) 55.0 武豊
  5. 3枠5番 テスタマッタ(牡5)57.0 四位洋文
  6. 3枠6番 エスポワールシチー(牡6)57.0 佐藤哲三
  7. 4枠7番 ダイショウジェット(牡8)57.0 柴山雄一
  8. 4枠8番 バーディバーディ(牡4)57.0 B.プレブル
  9. 5枠9番 ワンダーアキュート(牡5)57.0 和田竜二
  10. 5枠10番 フリソ(牡5)57.0 C.ルメール
  11. 6枠11番 ミラクルレジェンド(牝4)55.0 岩田康誠
  12. 6枠12番 ニホンピロアワーズ(牡4)57.0 酒井学
  13. 7枠13番 ダノンカモン(牡5)57.0 福永祐一
  14. 7枠14番 ヤマニンキングリー(牡6)57.0 M.デムーロ
  15. 8枠15番 トウショウフリーク(牡4)57.0 池添謙一
  16. 8枠16番 トランセンド(牡5)57.0 藤田伸二

「国際G1」の冠が泣いてしまうような『外国馬ゼロ』となった今年のメンバー。

ただ、今年のドバイワールドカップ2着馬であるトランセンドや復調の兆し見られるエスポワールシチーが出てるだけで十分の面子。

第12回 ジャパンカップダート(GI) スポネタ新聞予想

さすがにこれは見て楽しむレースということで、2強決着の予想で。

  1. 本命: トランセンド
  2. 対抗: エスポワールシチー

2011年ジャパンカップダート結果

1コーナーに目掛けて迷うことなく逃げた「トランセンド」が見事横綱相撲の逃げ切りV。

2着争いは、エスポワールシチーが最後ワンダーアキュートに交わされて三着止まり。

  1. トランセンド
  2. ワンダーアキュート
  3. エスポワールシチー

トランセンドには、2012年のドバイワールドカップでリベンジを果たして欲しいところです。