2011年12月17日、朝鮮民主主義人民共和国の独裁者である金正日(キム・ジョンイル)が死去。

世界中が驚いたこのニュースは、公表された12月19日正午から世界中を駆け巡りました。

しかし、驚いたのは政治・外交の分野だけではありません。

なんと、ゴルフ界から悲しみの声が上がっています。

金正日は実は伝説のゴルファーだった

生前の伝説には事欠かないキム・ジョンイルおじさん。

スポーツも得意だったようで、その中の1つが「ゴルフ」で起こした神業。

金正日総書記の最初で最後のゴルフラウンドで起きたミラクル

常識的なアスリートとしてはすでに峠を超しているはずの52歳となる1994年。

平壌ゴルフ場で、その伝説は生まれました。

生まれて"初めて"ゴルフコースに出たという金正日。

7700ヤードのコース(パー72)のうち、なんと『11ホール』でホールインワンを達成。

それ以外のホールも、パーセーブではなく、バーディーが最低のスコアなんだとかw

そして、驚愕のスコアは「-38」ww

もう少し現実味のあるウソこけよww

Twitter上では偉大なるゴルファー「金正日」死去を悲しむ声が続出

上記のような神がかったゴルフのチカラを持つキム・ジョンイルがこの世を去ったことをゴルフ界も嘆いているようです。

例えば、アイルランドで最大手のブックメーカーである「paddypower」のTwitterアカウントのツイート。

The world has lost a golfing legend, we're 1,000,000/1 for any PGA player to beat Kim Jong Il's record round of 38 under

http://twitter.com/paddypower/status/148757046748119041

『世界はゴルフ界の伝説を失った』ww

将軍様はさすがでんな。