「日経流通新聞(日経MJ)」という流通系業界の人間のための新聞があるのですが、毎年恒例となっている「ヒット商品番付」が発表されていました。

スポーツ界からはサッカー関連の下記2つが番付入り。

  • なでしこジャパン
  • サッカー選手本

見て行きましょう。

西大関「なでしこジャパン」

西の大関には言わずと知れた2011年の流行語大賞受賞「なでしこジャパン」が見事番付入り。

7月の女子ワールドカップドイツ大会で、完全に女子サッカーの潮目は変わりました。

そこからは、川澄奈穂美選手をはじめとしたCM出演も相次ぎ、国内リーグ「なでしこリーグ」も観客動員が3倍ほどになり、試合の情報もメディアに流れるようになりましたね。

来年のロンドン五輪にも期待大です。

殊勲賞「サッカー選手本」

そして、殊勲賞として入ってたのが「サッカー選手本」。

列挙してみるとこんな本が今年出ました。

心を整える。
長谷部誠
117万部
日本男児
長友佑都
40万部
やめないよ
三浦知良
信頼する力
遠藤保仁
負けない自分になるための32のリーダーの習慣
澤穂希

代表格はやはりキャプテン長谷部の「心を整える。」

「サッカー選手本」の代表格はやっぱり長谷部誠の『心を整える。』。

心を整える。

『プロサッカー選手初の自己啓発本』という触れ込みでベストセラーに。

サッカーファンだけでなく、ビジネスパーソンに裾野が広がったのがよかったのかも。

  • 意識して心を鎮める時間を作る
  • 情報管理を怠らない
  • 競争は自分の栄養になる
  • 常に最悪を想定する

こうした普段の生活に応用できる内容が読む人の心をつかんだ感じ。