全ての高校球児の夢舞台、第93回高校野球選手権の決勝が20日行われました。

対戦カードは、光星学院 - 日大三(日本大学第三高等学校)。

例年は昼ぐらいから始まっていたはずですが、今年は節電で4試合日の第1試合ぐらいの時間帯、つまり朝の9時ぐらいから試合開始ということで見逃した方も多いのでは??

ということで、そんな夏の甲子園の決勝を振り返りましょう。

決勝戦でも容赦無い日大三。

蓋を開けてみれば、13安打11得点で完勝。

大会を通して目立ったのが、たたみかける時の集中打。

これが日大三の真骨頂でしょう。

日大三の今年の夏の成績

地方大会「西東京」も含めた日大三の成績。

西東京大会

  1. 日大三 7-0 都清瀬
  2. 日大三 11-0 都富士
  3. 日大三 12-2 東亜学園
  4. 日大三 15-6 都日野
  5. 日大三 13-0 堀越
  6. 日大三 9-3 日大鶴ヶ丘
  7. 日大三 2-1 早稲田実業

甲子園

  1. 日大三 14-3 日本文理
  2. 日大三 11-8 開星
  3. 日大三 6-4 智弁和歌山
  4. 日大三 5-0 習志野
  5. 日大三 14-4 関西
  6. 日大三 11-0 光星学院

地方大会・全国大会合わせて計13試合で8試合が二桁得点ってww

まともに勝負になってるのは、西東京大会の「早実」と甲子園での「智弁和歌山」だけじゃん。。

ある意味、西東京大会決勝が事実上の"全国"の決勝戦だったと。

日大三高の練習「朝4時→夜23時」とか。

そんな高校野球日本一となった日大三高ですが、当然練習量が半端ないと。

キャプテン畔上くんの日常。

日大三高 主将畔上くんの日常

まじすかw

  1. 午前4時: 起床、練習開始
  2. 午前6時: 食事など
  3. 午前8時: 授業
  4. 午前12時: 食事
  5. 午後1時: 練習
  6. 午後7時: 食事
  7. 午後8時: 練習
  8. 午後11時: 就寝

学生の仕事である"勉強"もっと頑張れw