メジャーリーグデビューとなった前回登板の9日マリナーズ戦では、2回までに5失点。

強力打線を誇るチームの援護のおかげで余裕で逆転し、6回途中まで8安打5失点でなんとかデビュー戦勝利を飾りました。

が、制球難を披露してしまったダルビッシュ有。

そんな日本球界のエースがMLB2戦目を迎えました。

MLBでの2試合目「4月14日のツインズ戦」

内容は、5回2/3を投げて9安打2失点で降板。

ダルビッシュ有、メジャーリーグ先発2試合目の投球内容

同点での降板ということで、勝ち負けはつかず。

本人も試合直後にTwitterで報告。

http://twitter.com/faridyu/status/191277420001771520

ヒットは打たれましたが内容は悪くなかったかな。

近年のNPB選手の評価ダダ滑りを持ち直すには、ダルの活躍しかない。

ただ、これで『内容が悪くない』となると...、この先のダルビッシュ有もダメっぽいかな...。